カフェ経営のコツ

食品系の資格でワンランク上のカフェに

カフェがいたるところで開業され、競争が活発になっている現代では、そのカフェならではのウリがないと生き残っていくのは難しいかもしれません。
自分のカフェを開きたいけれど、コンセプトが曖昧、ウリがないかも、という方にぜひおすすめ」なのが、食品系の資格をとることです。

よく聞く資格と言えば、野菜ソムリエやバリスタ(コーヒーの資格)ではないでしょうか。
例えば健康やダイエットに気を遣う女性向けに、野菜をメインにしたカフェにしたり、コーヒー好きの方向けにこだわりの一杯を提供するカフェにしてみたりするのも良いですよね。
他にも、茶道を習ってきちんとした抹茶の淹れ方を習って本格的な日本茶を出すカフェにしてもよいですし、ハーブティーの資格をとって健康的なカフェをアピールするのも良いかもしれません。

ぜひ、自分の興味があるものから資格をとって自分のカフェに生かしてみて下さい。

しっかりと宣伝を!

せっかくこだわって作った自分のカフェ。
たくさんのお客さんに来てほしいですよね。
ただ開店しても、自然とお客さんが集まってくるということはほとんどありません。
自分からこんなカフェをやっているよ!とアピールしていく必要があります。

自分でフライヤーを作って地域の人に配ったり、近隣のお店に挨拶をしてつながりをもったりすることは、地道かもしれませんが大切なことです。
また、最近ではSNSで口コミが広がっていきますから、様々なSNSで宣伝してみるのも良いでしょう。
お店のサイトを立ち上げて、メニューやおしゃれなお店の写真を載せてみるのも一つの手段。

また、一度来たお客さんがまた来たくなるようなポイントカードや割引券などを準備してみるのも良いかもしれません。